powered by

メール配信CGI acmailer

業者一覧

人気ランキング

アルコールとの付き合い方

酒は百薬の長と言われています。お酒は少量なら体にいいとされていますが、大量に飲むと中毒症状があらわれます。赤ワインのポリフェノールは動脈硬化を防ぐ効果があるなど言われていることからも、お酒とは上手に付き合いたいものです。

適量ならば楽しいお酒も、飲みすぎるとあらゆる不快な症状があらわれます。ついつい飲みすぎて酔ってしまった時の対処法をお教えしたいと思います。

1. お酒に酔うメカニズム

一体どういったメカニズムでお酒に酔ってしまうのでしょうか?
アルコールを摂取すると、体内でアセトアルデヒドという有害物質が生成され、肝臓で解毒処理が行われ、その後尿などに排泄されます。しかし、一度に肝臓で処理できるのは、ほんの少しの量なので、許容量を超えてしまうと、血液中にアセトアルデヒドが放出されます。このときに『酔っぱらった』という症状がでてきます。
この肝臓のアセトアルデヒドの処理能力には個人差があり、これがお酒に強い人、弱い人というような言い方をされます。
一般的に日本人は白人に比べて、この処理能力が低く、人種的に見て、お酒に弱い人種だと言われています。

2. お酒に酔ったときの症状

お酒に酔うと様々な不快な症状があらわれます。

その代表的な症状として

  1. レベル1 顔、全身が赤くなる。陽気になる。
  2. レベル2 動悸がする、体が熱くなる。
  3. レベル3 千鳥足になる(ふらふらする)。ろれつが回らなくなる。
  4. レベル4 頭痛、めまい、吐き気がする。
  5. レベル5 一人で歩けなくなる。記憶がなくなる。

などが挙げられます。
レベル4,5あたりまで症状が進むと個人差はありますが、二日酔いになる確率も高くなってきます。

1)もし酔ってきたなと思ったら
・ お茶やお水に切り替えて、水分をたっぷり摂る。
・ カフェインにも酔いを冷ます効果がありますので、コーヒーを飲むのも良いでしょう。
2)二日酔いになってしまったら
・ 水分をなるべく多くとりましょう。
・ 吐き気や下痢がひどい場合は、体内のミネラル分も排泄されてしまうので、スポーツドリンクなど、ミネラル分が含まれていて吸収の良い飲み物をのみましょう。
・ 胃腸の調子が落ち着くまでは消化の良い物を食べましょう。

ダイエットにも通じる事ですが、何事も"行き過ぎ"は体によくありません。
節度を持って楽しいお酒を飲んで欲しいと思います。

ピックアップ!

株式会社酒のキンコ─
株式会社京橋ワインリカーショップ
有限会社ザクロビバレッジ
株式会社マネタイズ