powered by

メール配信CGI acmailer

業者一覧

人気ランキング

転職サイト利用のこつ①

転職サイトを使って転職に成功した人たちは、サイトを利用する際、3~5のサイトに登録することが一つのポイントだと述べています。確かに、大手の転職サイトならそのツールだけでも十分と思える量の情報を提供してくれるかもしれません。また複数登録すると、閲覧だけでも時間がかかり面倒だ、多く登録してもたいした差はない、と思う方もいるかもしれません。 しかし、考えてみてください。私たちの毎日の生活の中で最も時間を費やしているのが睡眠と仕事。そして、転職は人生の中の一大事です。ですから、面倒だ、と思っても少し時間をかけてまず十分の情報を収集すべきではないでしょうか。より情報が多いほど、自分に合ったまさに“天職”と思える仕事を見つける確立もそれだけ高くなるでしょう。また、サイトによってそのサービスや提供する情報には“個性”があります。 それでまず、いくつかのサイトに登録しましょう。その後、もし使う必要がないと判断したなら、そのサイトを利用停止することができるでしょう。このように、自分の可能性を最大限活用できる、あなたにぴったりあった職場を見つけるため、時間や努力を惜しまないようお勧めします。

転職サイト利用のこつ②

現在、転職サイトを活用する前に閲覧すると役立つサイトがいくつかあり、そこでは主要転職サイトの一覧表が掲載され一目で比較・検討することができます。それで、まずはそうしたサイトを閲覧してみるのは良いかもしれません。
また、現在の職場に知られないように転職活動をしたい、と言う方も多くおられることでしょう。そうした方のために、その点が配慮された転職サイトもありますので、それぞれのサイトのサービスをよく比較するのは大切でしょう。
さらに、転職サイトによってある程度“個性”があります。例えば、大手転職サイトの場合求人広告の掲載量は膨大で、網羅する地域や業種もかなり広いことでしょう。一方、「大卒以上のみ採用」「大企業の求人」「首都圏企業の求人」などといった傾向が一般によく見られます。一方で、看護士や美容師、ファッション業界専門などといった、ある特定の転職サイトや、特定の地域のみを扱ったサイトなどまさに“個性”を持ったサイトも多数あります。それで、すでに転職したい業種や地域を特定しているなら、大手の転職サイトよりもこのようなサイトを活用するほうが、より自分の相性にあった仕事を見つけやすいことでしょう。

ピックアップ!

株式会社マネタイズ
医療法人社団弘生会三軒茶屋第二病院
株式会社アーパス
株式会社メディカル・コンシェルジュ