powered by

メール配信CGI acmailer

業者一覧

人気ランキング

転職は最善の選択なのか?

会社は辞めようと思えば、いつでも辞めることができます。しかし、いざ転職をするとなると不安になってしまいます。また、転職することで現在の条件よりも改善されるとは限りません。逆に条件が悪くなるという可能性もあるのです。

まずは転職を考えるに当たって、本当に自分が転職をしたいのかどうか、本当に転職が自分にとって最善の選択なのかを考えてみるべきでしょう。

例えば、単に会社の人間関係や仕事に不満があるから転職したいというのはどうでしょう。人間関係の悩みや仕事への不満というのは、どの会社であっても発生する問題といえます。転職を考える前に、問題を解決するために自分で何か努力をしたかを思い直して見ましょう。自らアクションを起こすことによって、問題が解決するかもしれません。転職を考える覚悟があるのであれば、アクションを起こすことは大したことではないはずです。

また、他社・他業種の仕事のほうが現在働いている会社の仕事よりも面白そうだからといった、安易な考えで転職するのも感心しません。このような形で転職をする人は、きっと転職先の会社でも不満が出た場合には、他の会社の仕事が羨ましくなって転職を繰り返す恐れがあります。

転職のリスクを考えよう

転職というのは、次のように非常にリスクを伴うものだと考えるべきでしょう。

  • ・ 転職によって前職よりも給料が減る、賞与がなくなるというように、転職前より条件が悪くなる
  • ・ 経験があっても転職先では新入り扱いであり、初めからやりたい仕事をさせてもらうことは少ない
  • ・ 社内やクライアントとの新たな信頼関係の構築をしなければならず、精神的な負担が大きくなる
  • ・ 転職活動期間中というのは、企業への面接のための交通費や情報収集などで意外に出費が多い

会社を辞めたいと思っている状況下では、他の会社の仕事がよく見えてしまうというような錯覚に陥ってしまい、冷静な判断ができないものです。客観的な判断をするためにも、転職活動を行う前に自分を見つめ直す機会を持つことが必要でしょう。また、転職活動では十分に調査を行い、情報収集をすべきです。転職先に持ったイメージと実際のギャップをなくしたいもの。転職では焦ることはせずに、長い目で活動する必要があります。

ピックアップ!

株式会社マネタイズ
医療法人社団弘生会三軒茶屋第二病院
株式会社アーパス
株式会社メディカル・コンシェルジュ