powered by

メール配信CGI acmailer

業者一覧

人気ランキング

1.「利用規約」を見る

出会い系サイトを利用する前に必ず「利用規約」に目を通して下さい。
利用規約を見れば、だいたい優良なサイトか悪質なサイトかは70%位は判断できます。
ただ悪質なサイトやインチキサイトほど利用規約が目立たない場所やわかりにくい場所にある事も事実です。
非常にわかりにくい場所に利用規約のリンクや表示がされている出会い系サイトって本当に多いです。
これらのサイトは大抵、「サクラサイト」である場合か「嘘無料サイト」である事が多いのです。

2.悪質サイトの利用規約の例

では具体的に悪質サイトの利用規約の文例などを、取り上げて見ましょう。

以下のような文言が利用規約に書いてある場合
絶対そのサイトは利用してはいけません!

・自動課金の悪質サイト「利用規約」の文例
(いわゆる自動マイナスポイントの悪質サイト)

『初回の無料ポイントを消化後自動的に有料ポイントにはいります
こちらから有料ポイントになったご連絡は致しませんのでご注意ください』

・自動課金の悪質サイト「利用規約」の文例2
(いわゆる自動マイナスポイントの悪質サイト)

ポイントがマイナスになった時点で自動的に15000円分のポイントが加算されますのでご注意ください。
後払いにてポイントをご購入頂いた日より5日以内に当店にて利用料金全額のお支払いが確認されない場合はご購入日より一日につき1000円の延滞金を加算してご請求します。また、督促費用が発生した場合、その費用50000円、調査費、遅延損害金も別途加算し、債権回収部に委託致します。
当社では督促開始の予告をしませんが、登録者はこの規約に同意したものと見なします。

どうでしょうか?
とんでもない事が書かれておりますよね?
でも実際にこの手の悪質出会い系サイトが世の中に沢山あるのです。
彼ら悪質出会い系業者も、警察沙汰や裁判沙汰などのトラブルになった場合の逃げ道として一応上記の「自動登録」「マイナスポイント」の利用規約を表示しているわけですね。 ただ、この手の「利用規約」はユーザーのわかり難い場所にあったりします。

上記のような利用規約がある出会い系サイトには絶対に登録しないようにしましょう。

ところで、「利用規約」すらない出会い系サイトは利用すべきかどうか
これも利用しないようにしましょう。
「利用規約」すらない出会い系サイトは論外です。
ほとんどが悪質サイトですので注意しましょう。

3.悪質サイトはグループ化しております

悪質出会い系サイトは、大抵複数のグループサイトである場合が多いです。
彼ら悪質業者が、悪質な出会い系サイト&悪質姉妹サイトを複数ネット上に展開しているのです。

これらの悪質出会い系サイトのグループや姉妹サイトを見破る方法は簡単です。

悪質出会い系サイトのグループの共通例を挙げると

  • ・利用規約が全く同じであること
  • ・サイトのデザイン、レイアウト、文章やロゴが同じ場合。
  • ・料金請求先の銀行口座が一緒
  • ・連絡先のアドレスや住所が一緒
  • ・雑誌等で1ページ全てに宣伝してあって、そのページ内で宣伝されている複数のサイト。

悪質サイトの姉妹サイトが優良サイトということは、絶対ありえません。
悪質サイトの姉妹サイトやグループサイト、系列サイトもやっぱり悪質サイトですので、十分気をつけてください。

ピックアップ!

そくマップ
Koi Phone
モバチョク
iモバイル

恋ナビ24h
アウモバ
Marry Me
ディア ハッピー